クラッシャーフィーダー

⑧【意匠に係る物品の説明】

当該物品は、正回転または逆回転するシャフトに取り付けられた刃と本体に固定された刃により、金属切粉屑・食品残渣・海産物などを破砕するための機器である。破砕物は、正面前板下部の扇形出口から吸引により排出され、破砕物から出る水分・油分・などは、下部のパンチングネットを通過し、底面の出口から排出される。

【斜視参考図】【固定された刃の参考斜視図】

SCAN4913_001

 

 

クラッシャーフィーダーは、切粉を破砕し同時に空気輸送のために吸引することを目的に開発した製品です。オリジナルの破砕刃とその駆動配置も弊社独自の理論と方法で特許も取得している製品です。本来は吸引用に開発した物ですが、ご要望により切粉の減容のため、破砕のみの目的で単体でもご用途が広がってきております。切粉の材質や形状と排出量にもより、様々なケースがありますが、それぞれにお客様がお持ちの課題を克服するために実験を繰り返しながら、現在に至っています。

もし、切粉の処理でお悩みの場合には一度お問い合わせいただければ、実験を含め、お客様と一緒に問題解決のお手伝いをさせていただけると思います。

(写真は、設置状況と切粉の形状により実験をおこなった事例です)

 

DSCN2085 DSCN1540 - コピー CIMG5438
20130716_005 DSCN2086 DSCN1556